今人気の運転士として働く松岡哲也

私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄道が好きだった松岡氏は、高校に進学するときに日本でも珍しい鉄道高等学校に進学をします。静岡県に実家がある松岡氏は、東京の鉄道高等学校に毎日電車を利用して3年間通学しました。鉄道の列車を運転する仕事をしたいと考えていた松岡氏は、この高等学校の鉄道科の運輸サービスコースに進学をして鉄道就職を行いました。いろいろな鉄道会社を受験した後、現在の中部地方の私鉄に就職が決まりました。この会社で運転手として働くことが決まり、日々夢を実現させています。

松岡哲也氏は18歳で高校を卒業した後、現在の会社にある社員寮に入り運転士として働くために日夜努力を怠りませんでした。入社当初は、鉄道会社の駅員として働くこととなり、訓練を行いつつ日夜働いていました。松岡氏は運転士として希望を出していたために、運転士となるための研修や訓練を行っていました。国家試験に合格して運転士の免許を取得することに成功した松岡哲也氏ですが、運転士のための免許を取得したのが入社8年目の26歳になります。この免許を取得して、必要な研修を終えてから晴れて運転士として働くことができるようになっていました。

松岡哲也氏は、現在30歳で運転士として約4年間勤務についていたことになります。大きなトラブルもなく運転士として日々働いている松岡氏は、大好きな鉄道の運転士になることができ大変喜んでいるだけでなく、働いている私鉄で取り扱っているいろんな電車の運転士になれるように研修を行っています。研修に合格することでより人気のある特急電車などを運転することができることになります。そのため松岡哲也氏は、現在の運転士の状況に満足をしておらず、さらなる技術向上を目指しています。

松岡哲也氏は、現在30歳の年齢となっていますが、独身寮に未だ住んでいる環境となります。今では仕事が大変楽しくさらなる技術向上を目指していることで、結婚はまだまだ先のようです。また、独身寮に住んでいることで、勤務先に近く早朝の朝早く出勤する時は大変便利に利用できることで、そのまま独身寮で暮らしている環境となります。松岡哲也氏は、今後もこちらの私鉄の運転士として活躍していく人材となります。サラリーマンの両親とは異なり珍しい運転士の道を進んだ松岡氏ですが、他の兄弟は一般的なサラリーマンになっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  2. 秀光ビルドはきちんと検査を行うのが特徴となっています。秀光ビルドは責任を持って品質の良い住まいを引き…
  3. 神澤光朗は独学で英語をマスターしていて、その英語力もかなりのものです。長崎大学というところは国際色が…
ページ上部へ戻る