東海本部の法要

阿含宗の東海本部では様々な法要が行われます。1月に行われた法要が「愛染明王護摩法要」で阿含宗を信仰している信徒の方々が多数訪れて参拝しています。この法要では山門の愛染明王に信徒されている方々が日々の行いの感謝をするための法要です。ただ法要に参加するのではなくて、しっかり祈願することが望まれる法要です。阿含宗の法要は、参拝者の万事良縁・福徳法縁を祈念することも重要な意味を持ちます。

東海本部では定期的に愛染明王護摩法要の法要を定期的に行っているので、東海地域に住んでいる人は、愛染明王護摩法要に参加しやすい環境が整っていることになります。通常愛染明王護摩法要の本法要は、本堂内陣にて堂内護摩形式で執り行われますので、参拝者は本堂内陣で一緒になって祈念することになります。法要が開始されると、参拝者は内陣の護摩壇にて燃え上がる浄火に祈りを捧げます。

阿含宗 東海本部
http://tokahonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 株式会社ベストコンストラクションの売りは、低コストでいながらも高品質というハイパフォーマンスな部分で…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る