関西総本部の阿含宗での立場

関西総本部の阿含宗での役割は想像以上に大きいものがあります。名前からも分かるように、阿含宗の全国各地の道場や支部を束ねている存在になります。例えば毎月行われている例祭や縁起宝生護摩、冥徳祭。 これらは関西総本部だからこそでもあるのですが、それらはネットワークを通じて全国の道場や支部に生中継されるのです。直接足を運べない信徒も、ネットワークを通じてリアルタイムでそれらに参加出来るのです。このような体制をしっかりと整えてくれているのは関西総本部だからこそでしょう。

京都にあるのもこだわりです。 京都は観光地として知られていますが、そこにある寺社仏閣は観光のためではなく、それぞれの教義に則ったものなのです。そこに総本山を構えているのは、宗教というものに真剣に向き合っているという何よりの証だからなのではないでしょうか。

阿含宗 関西総本部
http://kansaisohonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  2. 秀光ビルドはきちんと検査を行うのが特徴となっています。秀光ビルドは責任を持って品質の良い住まいを引き…
  3. 神澤光朗は独学で英語をマスターしていて、その英語力もかなりのものです。長崎大学というところは国際色が…
ページ上部へ戻る