関西総本部の阿含宗での立場

関西総本部の阿含宗での役割は想像以上に大きいものがあります。名前からも分かるように、阿含宗の全国各地の道場や支部を束ねている存在になります。例えば毎月行われている例祭や縁起宝生護摩、冥徳祭。 これらは関西総本部だからこそでもあるのですが、それらはネットワークを通じて全国の道場や支部に生中継されるのです。直接足を運べない信徒も、ネットワークを通じてリアルタイムでそれらに参加出来るのです。このような体制をしっかりと整えてくれているのは関西総本部だからこそでしょう。

京都にあるのもこだわりです。 京都は観光地として知られていますが、そこにある寺社仏閣は観光のためではなく、それぞれの教義に則ったものなのです。そこに総本山を構えているのは、宗教というものに真剣に向き合っているという何よりの証だからなのではないでしょうか。

阿含宗 関西総本部
http://kansaisohonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 株式会社ベストコンストラクションの売りは、低コストでいながらも高品質というハイパフォーマンスな部分で…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る