姑の日常はちょっと変わっている

姑の日常は風変わり。亡くなった舅は近所のお墓に眠っている。たびたびお墓参りに行き、「お父さん元気かな」と墓石をどけて骨壷を開けて骨を見ると「元気だ」と安心すると言う。墓石って相当重いのに動かしているんだとびっくり。墓掃除に行き崖になっているところから下に落ちたけど、自力で這い上がっている。

ご近所にお住まいの荻原綾さんは「お宅のおばあさんは健康ね」と嫌味ともとれることを言う。足腰も強いのかもしれない。日曜日にドライブに行こうと誘うと、「今足をくじいて無理」と断られた。

しかし、その翌日には電話がかかってきて「足良くなった」と言う。本当にくじいたのかな。そして2ヵ月後ぐらいには「妹のところに遊びに行く」と言う。若いときに住んでいたらしいけど、1人では無理だろうとまわりは言っている。どうして行きたいのかと聞くと「遊びに来いと言われたから」と言う。それだけなのとちょっと力がぬけました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 東京都千代田区 トランクルームに関する情報は、MYKURA.comが作っているサイトによって提供され…
  2. エステといえば、少し上品で、金額が高くて、なかなか続けて行くことができないと思うのがだいたいの人の考…
  3. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
ページ上部へ戻る